【C6】小4の準2級対策 英単語はどうやって覚える?

うちの場合は、英検を受けようか、と言い始めたのが小4で、それ以前に英検用でない単語帳をいくつか終えていました
 長男:キクタンEntry、キクタンBasic終了、キクタンAdvanced途中
 次男:キクタンEntry、キクタンBasic終了、SVL Level3途中

ですので、準2級までの単語はほぼ知っていました
英検3級の単語レベルから増やす場合とは異なりますが、ご参考に書かせていただきます
***
3級と準2級の時は、最初に単語帳「学研ランク順英検英単語」のそれぞれの級のものから、知らない単語を子供に仕分けさせて、英単語の意味を日本語で言えるように覚えさせました
この単語帳を選んだ理由は、対応の無料アプリで4択クイズ形式で単語、熟語の意味をチェックできるのが便利だと思ったからです

 

 アプリ 学研『ランク順 英検英単語』

熟語はほぼ知らなくて、単語帳の例文音読、苦手なものは黒で消して穴埋めで音読、アプリでチェック、とかやってました
アプリは間違えた問題を自動で振り分けてくれるので、できるようになるまで繰り返しやりました

Read More

【C5】3級2次にぎり合格 もう少し点を上げる方法は?

合格おめでとうございます
次の級に備えて、2次試験のスコアアップ策を検討されているということですね

まず、3級2次試験の項目ごとの素点の満点は、音読が5点、QandAが5点×5題で25点、アティチュードが3点です
実際の成績表では、QandAの問題番号別の点数は記載されず、25点中何点、という記載だと思います

≪音読で落としている場合の改善策≫
知らない単語も止まらずに予想で読む。意味のかたまり、難しければとりあえずはピリオド、カンマで区切って、ゆっくり目に読む。大げさな抑揚(アクセント)で読む。

≪QandAで落としている場合≫
特定の問題番号が苦手ですか?

Read More

【C1】小4で準2級に挑戦 英作文で単語を正確に書けない

まず、英作文の採点は「甘い」と言われています

英検合格のために、つづりの間違いをゼロにする必要はありません

単語のスペルミスを減らすコツは、自信のある単語で書くことです

使う単語、表現を限定して、それらの単語のつづりを正確に書けるように準備するといいです

●英検準2級英作文 4種の理由の例文

英検準2級の英作文では、多くの場合に≪環境への影響、健康への影響、お金、時間≫の中から理由を付けられると思います

It(doing) is good(bad) for the environment.

It(doing) is good(bad) for their health.

It(doing) costs(saves) a lot of money.

It(doing) takes(saves) a lot of time.

doingは動名詞です
例)studying abroad, eating out

英検準2級英作文 ディスコースマーカー固定の例

理由以外も、使うフレーズも決めておきます

例)

イントロは必ずIn my opinion, から始める

結果の表現は、As a resultまたはresult inを使う。lead, causeなどは使わない

例示の表現は、For exampleを使う。For instanceは使わない

コンクルージョンは必ずFor these reasons, から始める など

※英検準2級英作文はコンクルージョンはなくても大丈夫です。個人的には、コンクルージョンを書かずに推奨ワード数50~60語を満たす方が内容が充実して良いと思います

●うちの子の準2級英作文 採点分析

うちの長男と次男は、小学4年生の時に英検準2級を受けました

英作文のスペルミスがありましたが、二人とも合格しました

一方の英作文を詳しく見てみると、以下の2か所のスペルミスがありました

 ・hobbyes(正しくはhobbies)

 ・fan(正しくはfun)

このうち、

問題文に出ていたhobbyという単語の複数形を正しく作ることができませんでした(教えていませんでした)

“fan”と書いた周辺の部分は、文法的にもおかしいので、文法点としてひかれた可能性があります

3級の時からよく使っていた単語なのですが、なぜか二人とも間違えていました

練習ではきれいな字で書かなくても許していたので、間違いを見逃していたかもしれません

一方、opinion、reasons、important、useful、because、reduce the stressなどの練習で決まって書いていた英単語は、正しいつづりで書くことができていました

実際の得点は、各観点で4点満点中、
内容:4点、構成:4点、語い:3点、文法:3点 でした
(合計14点/16点、CSEスコア516/600)

自信のある単語や表現で書くということと、スペルミスがそれほど問題にならないということが、伝わりましたでしょうか

また、オープンチャットメンバーさんからは、スペルミスが複数であっても減点は限定的という体験談もいただいています

例)スペルミス3か所=語い点マイナス3とはならない

相談者さんの学習状況詳細や他メンバーさんからのアドバイスは、LINEオープンチャット「小・中学生の英検をサポートする親」の同じ番号のノートからご覧いただくことができます